あっこおばあちゃんの縁側日記 (老犬党 あっこ 政調会長)

19才7ヶ月がんばりました!!後釜 なめこ(猫)が活躍中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜ基本的に安楽死反対だったかというと、

今から13年前、柴犬のいっちゃんを安楽死という形で天国へ旅立たせたことが、

ずっと心にわだかまっていたからです。




いっちゃんは17才で痴呆症になりました。

同居していた祖母が脳梗塞で倒れたころと重なってしまいました。



いっちゃんは昼と夜が一転し、毎晩夜鳴きが続きました。

最初は睡眠薬で眠らせていたのですが、体が薬に慣れると効果がなくなり、

最後は獣医の指導のもと自宅でモルヒネを打つほどの状態でした。

しかしそれも効かなくなって、

3ヶ月の後、安楽死の道を選びました。

高齢ではありましたが、内臓の病気はなかったので、

何か他に手段はなかったのかとか

母は祖母の世話といっちゃんの世話を両方やっていたし、

私にもっともっと手伝えることはなかったのかとか

判断が正しかったか悪かったのか、

十年以上経った今でも答えが出ず、

折に触れ思い出しては悩みました。


それと同時に心残りがたくさんたくさんありました。




だから、いっちゃんが天国へ行ったときのことは、ほとんど話したことがありません。

心に封印していました。





だけど、今回あっこの安らかな旅立ちを目にしたとき、

あの時のいっちゃんの判断も最善の道だったんじゃないかなと思えるようになりました。

あっこは命をもって、それを私に教えてくれたのかなーって・・・








あっこは後脚不具合から24日後に旅立ちました。

長く患うこともなく、あっという間でした。



日頃は何かと手のかかる子でしたが、

最後だけは手のかからない子でした。



介護らしいことをしたのは、たった10日程度。

この間寝不足でしたけど、全くストレスは感じず、

あっこの手足になることが喜びでしたし、好意を持ってお手伝いができました。

今思い返すと、あっこの世話には、

心残りのいっちゃんへの罪滅ぼしも含まれていたのだと思います。



それと介護中ネエサンはたくさんお粗相をしましたが、アトピーが悪化することもなく、

季節にも恵まれました。

あっこちゃん、もう痒くないからね。




亡くなる3日前まで自分の脚で歩いてくれました。

脚が動かなくなるそのときまで、しっかり歩き続けてくれました。





あっこちゃん 虹の橋でみんなと仲良くするのよ。

柴兄さん、ネコ兄さん、きーちゃん。

ネエサンは会ったことなかったけど、たぁちゃんとすみれちゃんもファミリーだからね。

茶色いあつこちゃんとちびくんにも必ず巡り会って。

ピーナッツおねえちゃんにも必ず。






はい。ネエサン。チーズ。
あつとも
「やだぁ~ともみんちゃん。あたしのお顔半分しか写ってないじゃないの。」





だってさー
あつとも2

これは私がテカテカで変な顔してるし、

この際ネエサンのお顔は半分でもいいなーと思って。




あっこ「なにー!!こら~やんのかー」


ともみん「そっちこそ、なんじゃー」




ガウガウ。

ギャーギャー。



仲良く姉妹喧嘩中。






長くなりましたが、心温まるコメントの数々をいただきまして

本当にありがとうございました。

記していくうえで、たいへん励みになりました。

柴兄さんに始まりあっこまでの間、我が家にはいつの日もワンニャンがいました。

いつも身近にいた存在がいなくなって、満ち足りない毎日ではありますが、

みなさんの優しさで寂しさが少しずつ和らいでいきました。




思い出し泣きをしながら、全般まとめてましたが、

ネエサンが生きていた時にタイムスリップできるので、

ブログの中でネエサンと会ってるような気分でした。




小さい頃から甘えん坊で、座っていると必ずくっついてきて、

この子はこんなに甘えん坊で、いつか1人で虹の橋超えられるのかしら・・・

と心配になったことも多々ありました。

20年近く私の妹でいてくれたあっこは成長し、大人になり、

立派に1人で虹の橋を渡っていきました。


あっこが苦しまずに眠るように旅立つことが、近年私の願いでしたから本望です。


いつか人間にも尊厳死が認められる日が来たら、

私もこの方法を選択したいと思っています。





おかげさまであっこはとっても幸せな犬生をおくることが出来ました。




あっこネエサンの経験が、今後シニア犬のみなさんのお役に立てればと願っています。



スポンサーサイト
コメント
Re:
あっこネエサン!
ホントにたくさんたくさんありがとう!
お空に還ったら、茶あつこちゃんやピーナッツおねえさんに会ってね。
ありがとうとよろしく伝えてね。
あっこネエサン!
20歳の犬生…お見事アッパレでした(*^o^*)。
ともみんさんありがとうございました。
2013/06/08(土) 19:25:10 | URL | ちか #- [ 編集 ]

後悔しない選択ができるのは、手を尽くし、心を尽くした日々があったからですよね。

15歳のテト爺のお世話も、忙しさにかまけて、億劫になることも度々、でも、自分に後で後悔するよ。とムチ打ちます。

だって、後悔したくないから…。

あっこネエサン
いいお顔だったもの。
一番幸せだったよね。

これから、あっこネエサンの日々の記録は、きっとなんどもなんども読み直すだろうな…と思います。



2013/06/08(土) 21:22:12 | URL | べじ1 #- [ 編集 ]

前コメからの続きですが私もJRの事があるまで安楽死には複雑でした。だって、、、今まで書いた事はありませんが PJ君というスレッチャ家の街での長老の茶ラブの子はスレッチャ君より1歳上なのですが日本のみなさんが当たり前のように介護しているのに犬らしく生きれないからと安楽死になったからです。

スレッチャ君は14歳PJ君15歳のことでした。私は本当にびっくりしてしまいました。たくさんのわんこが犬生を全うしようと頑張ってるのにアメリカではこういうことが平気で行われると相当なショックだったんです。でもJRのことが会って大の大人のJRパパがワンワン泣きながら決心したのを見て私も同じを決断をしたと思いました。

あつ子家の決断は間違ってなかったと重います。わたしももしJRのあの日を見たとしたら、そしてあっちゃんの苦しむ姿をみたらともみんさんやJRパパと同じ結果をだしてたと思うんですよね。もしも仏教で自分の生を全うしなかっとせめられるなら私が罪を全部かぶりますという感じですか。

あっちゃん大往生。私も願わくばあっちゃんのように愛されて慈しまれて行きたいものです。

関係ないですけどともみんちゃん、同年代かと思ってたけどお肌がつるつるしてて真っ白でもしかして結構年下かと思ってますよん。
2013/06/09(日) 10:48:46 | URL | スレッチャママ #- [ 編集 ]
癲癇
あっこちゃん、もっともっと長生きしてくれそうな気がしていたので、とても残念です。ご冥福をお祈りいたします。
3年前に亡くなった我が家の犬も癲癇でした。ずっと薬を飲み続けていましたが、それでも年に数回の大発作を起こしました。
13歳で死んだのは、きついお薬のせいもあったかもわかりません。お薬を飲ませ続けることはあっこちゃんにはとても無理だったような気がします。
あっこちゃんは色々な悪条件が重なっていたと思いますが、癲癇の発作自体は犬自身にとっては苦しいものではないと獣医さんがおっしゃっていました。
その発作で命を落とすこともあるが、発作の間は犬はわかっていないのだそうです。
それは、人間の癲癇発作を当事者が全く覚えていないのと同じで、周りは非常につらいけれど、犬はわかっていないんですよとおっしゃっていました。
だから癲癇発作であっこちゃんを苦しめたんじゃないかって、あまり悔やまないで下さいね。
とっても安らかに虹の橋を渡られたと思います。
我が家のわんこの遺骨も庭の一番好きな場所に埋めてあげようと思いながら、なぜか寂しくて、まだ手元に置いたままです。
お空の上で、みんな仲良く楽しく過ごしているといいですね。
2013/06/09(日) 11:08:20 | URL | 通りすがり #L8AeYI2M [ 編集 ]
Re: Re:
ちかさん

我が家では すごい20才がいる!といつも茶あつちゃんのこと話題にしていたので、白あつもそれを聞いていたと思います。
だから、茶あつちゃんのことはなんでも知ってると思う。

同じスヌードをかぶってウロウロしてる新入りをピーナッツおねえちゃんが見つけてくれて、茶あつちゃんと はじめまして、お噂はかねがね。なんて対面してるかな~

この20年は私にとってもかけがえのない青春?の思い出になりました。

ちかさんもワンコちゃんと楽しい思い出をたくさんたくさん作ってね。
2013/06/09(日) 13:30:21 | URL | ともみん #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
べじ1さん

小さい頃は結構いい加減に扱ってたんですが(汗)シニアになってからは充分手を尽くしてきたつもりです。

あっこ15才の時代はホントつい最近のことでした。
あっという間に1年、2年が過ぎていきます。
テト爺くんとの時間を大切に使ってください。

ネエサンかわいく写ってますか??
一人で撮ったので距離感が分からなくて、ネエサンが写ってないのもありました(笑)

2013/06/09(日) 13:42:57 | URL | ともみん #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
スレッチャママさん

PJ君・・・なんと言っていいのか・・
老犬ということだけで安楽死だなんて、背景には宗教上の違いとかあるんだろうけど、そんな安易に命を奪えるものなんですかね???
ずっと家族だったのに、小さいときはカワイイけど、大きくなったらいらないって言ってるようなものです。
理不尽です。

年齢の話をすると、さささーっと居なくなるのが私の最大の特徴です。
うひ。
歳の話はいつかNYに行ったときにでも♪
2013/06/09(日) 13:58:55 | URL | ともみん #- [ 編集 ]
Re: 癲癇
通りすがりさん

メッセージありがとうございます。

ワンちゃん癲癇だったんですか・・・あの発作は本当に衝撃的過ぎますね・・

今になって思えば、以前から軽度の癲癇がありました。
でもまさかあれが癲癇とは気付かない小さなものでした。
ここ最近はそれがなくなって、一気に重度の癲癇が起きてしまいました。

癲癇の発作が起きる直前は、変にぐずったり、騒いだりしてたので、計り知れない恐怖があったんじゃないかと思います。

癲癇のこと色々教えて下さってありがとうございました。

あっこの発作のことそんな風に言っていただけると、ちょっと気持ちが楽になりました。

ありがとうございました。

2013/06/09(日) 14:10:25 | URL | ともみん #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://acco19931016.blog.fc2.com/tb.php/78-50b04bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。