あっこおばあちゃんの縁側日記 (老犬党 あっこ 政調会長)

19才7ヶ月がんばりました!!後釜 なめこ(猫)が活躍中

きーちゃんの食欲は戻りませんでしたが、昨日退院することになりました。

お迎えに行き病院の駐車場に出るとお外の空気に喜び、車内では抱っこして声をかけると

目を瞑りながらも嬉しそうにしっぽで返事をしていました。

おウチに着いて車を降りると、見慣れた光景にキョロキョロ。

しっぽをパタパタさせてとても喜んでました。



もう寝たきりなのかと諦めてたんですが、フラフラしながらも最初に向かった先は爪研ぎ。

結構なスピードで凶器を磨いていました。

そしていつものポカポカカーペットに寝そべり、

しばらく経つとトイレ行きたいと自分の足で歩きました。


まず小をして、片付けたら次は大。

入院中なにも食べていなかったのにうん○は出るようで、といっても水状なんですが、

このときは力んだせいかスタミナ不足?でしりもちついてしまいました・・

ちょっと血便あり。

そして、這うようにトイレから出てそのままダウン。

お尻だけ拭いて、そのまま寝かせました。



きーちゃん食欲もなくお水も飲まないけど、行動はいつもとそんなに変わらない。

スポイトでお水を飲ませ、流動食(缶詰を湯で溶いたもの)を流し入れてます。



夜中にトイレでしりもちをつかれたら大変なので、

昨夜は私がリビングで眠り、きーちゃんの見張り番。

トイレに入る気配を感じ、念のため転ばないように体を支えてやり、

無事大と小を済ませました。

血便はなし。



今日は暖かくひなたぼっこのきーちゃん。
画像 27330




こちらはお外で手早く拭き取りシャンプー&ブラッシング後のきーちゃん。

雪だるまができるほど毛が抜けました。

後脚かなり痩せています。
画像 27332
ちょっとキレイになったかしら。うふ。

お腹にハゲができてました・・寂しかったんだね。

たった3日居なかったきーちゃんですが、何週間も居なかったような感覚です。

きっときーちゃんも同じこと思ったかな。

いつもの生活に戻ったきーちゃんは幸せそうなお顔をしています。




家に連れ帰ってきたときのあの喜びようを見たらもう病院はいいかなと思ってます。

ホントは明後日、腎臓の数値を下げる皮下注射に行くことになってるのですが、

もうそれはいいんじゃないかということになりました。

治るわけではないので。

このまま静かに大好きな場所で残りの時間を過ごすことを

きーちゃんも望んでいるのだと思います。

今は自力でトイレに行き、爪を研ぐことができるので、

スプーン1杯ほどの流動食を朝昼晩与えています。

この先、寝たきりになったら水分だけ与えます。

きーちゃんは十分幸せです。

先代のネコさんは気付いたときは末期の肺ガンでICUに入り2週間で亡くなりました。

そんな亡くなりかたをできる子はいないから幸せだと言われましたが、

苦しまず逝けたことは幸せだったのかな。

でも看取れなかったことは今でも後悔が残ってます。


その先代ネコさんが元気なころ、こっそりネコを拾いました。

交通事故で不調になったノラ子猫でした。

我が家で2週間暮らし、生後半年で虹の橋を渡りました。

たった半年で逝ってしまうなんて・・とあの頃の私は深く悲しんでいましたが、

このネコさんだって、たった2週間でしたが屋根のついた暖かい家で過ごすことが出来て

幸せに虹の橋を渡って行ったと思います。

この子は看取ってあげれましたが、最期の姿は今でも忘れられません。

だけど不思議と後悔はありません。

スポンサーサイト
コメント

きーちゃん退院してきたのね。
安心したんだね。
お家が一番だもんね。
心穏やかに、過ごせるもんね。

暖かいお家でネエサンと仲良くぬくぬくしてね❤
ともみんちゃんも、お疲れだと思うけど
体大事にしてね。
2013/03/19(火) 23:34:23 | URL | ちこティママ #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ちこティママちゃん

ネエサンったら悪気なくきーちゃんのしっぽ踏んじゃったの。
昔のきーちゃんなら反撃したのに、おとなしくなってた・・。
それどころじゃないんだなー。
腎臓の注射が切れたようで、昨夜から辛そうです・・。
もうきーちゃんのことばかり考えています。
2013/03/20(水) 16:27:51 | URL | ともみん #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://acco19931016.blog.fc2.com/tb.php/48-bcdb56cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック