あっこおばあちゃんの縁側日記 (老犬党 あっこ 政調会長)

19才7ヶ月がんばりました!!後釜 なめこ(猫)が活躍中

あっこネエサン、長い犬生の中で1度だけ入院したことがあります。

画像 27199
『あぁーあの話ね。』



あれはネエサンが3才のころ。

「すい炎」との診断で2週間入院しました。

毎日お見舞いに行ったんですが、入院してるわりに元気なんですよね。

ま、よくある「カラ元気」だと思ってました。

水も食事もNGで24時間点滴生活を送っていたんですが、

レントゲン用のバリウムをゴクゴク飲み干したと聞いたとき、

なんかおかしいな・・とは思ったんですが・・。

それより日に日にネエサンが薄汚れてしまい、口の周りなど気の毒な感じになってました。

病気だから仕方ない と気持ちに折り合いをつけてました。



2週間後やっとシャバに出てこられたネエサンは上機嫌でした。

ネエサンにお外を見せてあげようと2人で並んで自宅の窓からお外を眺めていたんです。

そしたら病院から電話があり、退院時の血液検査が思わしくないので再度来て下さいとのこと。

風になびくネエサンの後頭部と小さな背中を見ていたら二度と離れるのは御免だ!!

それに入院するほどぐったりしてない、元気だ。

連れて行かないことに決めました。



とはいうものの少し心配でしたから、後日違う獣医へ診せにいったんです。

そしたらすい臓なんて全然悪くなかった。

開業したてのヘボ獣医に誤診されていたというわけです。


2週間もの間、飲み食いもできず、点滴に繋がれてたネエサン。

あのときは申し訳なかったとの思いから、それ以来ネエサンは入院をしたことがありません。

もっとも入院するほどの病気もありませんでしたが、

一度だけ大型犬に一方的に噛みつかれ、ぬいぐるみの如く振り回されて、

大怪我をおったことがありましたが、そのときも通院にしました。


だからネエサン!この先どんなことがあっても入院なんかさせないよ。

ずっとおウチで暮らそうね。
画像 27194

あっこ『あたし、きなこのお姉ちゃんだから、きーちゃんの面倒みてあげなきゃならないし、
    ずっとおウチにいる。』

きなこ『あっこちゃん・・チョットきついんだけど、もう少しずれてくれる』






なぜこんな話をしたかというと、近所のシニア犬たちが相次いで入院中に虹の橋を渡りました。

いずれも 明日には退院 というところまで回復していたそうです。




スポンサーサイト
コメント

なんともやり切れない話だね。
飼い主さんは、色々思うところはあるものの、最終的にはよかれと思って入院させたんだろうに。サンタはまだ入院したことないんだけど、いざ自分が同じ立場になった時も、相当悩むだろうなぁ。なにが正解って分からないだけに、飼い主の責任は大きいよね。

あっこちゃん、大型犬に噛まれたことあるの?!よくぞご無事で、ホントよかった。機会があったら、その時のことも教えてね。

あっこちゃんも、お姉ちゃんのお仕事ほっぼりだすわけにはいかないから、ますます張り切っていただかないと!
2012/10/11(木) 19:28:02 | URL | サンタ母 #- [ 編集 ]
No title
そんなことがあったのかい…あつこちゃん。風になびく小さな後頭部、なんだか涙がこみ上げてくるほど愛しい表現。しっかりほんとのことを見極めてくれるママでよかったね、きなこちゃんのお世話も必要だもの。あつこちゃんはみんなにとって本当に大切なんだからっ。

我が家も一度だけ同じような経験があります。一晩ですが…それも同じ膵炎!絶食させられて、家に帰ると一日分の水分を一気に飲んでいました。その獣医さんはその前に兄猫ロディを一度だけ診て貰ったことがあるけれど結局それっきり。

今の獣医さんは一人っ子でずっと兄弟同然に動物と暮らしてきただけあって、一番にそのこの気持ちを大事にしてくれます。出来る限り入院はさせない。痛い思い、嫌な思い、無理、無駄な投薬・検査も一切しない。でも必要なことはきっちりしてくれる。理屈じゃないんだよね、わんこの気持ちはっ!

あつこちゃん、寒い冬が来るけどお家では暖かさを、それからお外では小さなアンヨを包んでもらって、風や寒さも楽しんで過ごしてね。そ・し・て☆もうすぐお誕生日、おめでとうね♪
2012/10/11(木) 19:58:25 | URL | ピーナッツタフィー #- [ 編集 ]
No title
入院・・わたしも出来るだけさせたくないなーーーー

ヤブ医者にあたって災難でしたね。。元気ならそれでいいじゃん、同感です。そう判断するには勇気がいるかもしれませんが、長年一緒に寄り添ってきた感覚とセカンドオピニオン、わたしは信じたいな。

最後のお写真、またきなこ先輩をあっこさんと見間違えて、「・・毛が、毛がみっちり生えとる~!!」と驚いちゃいました^^;隣にひっそりといたんだね、あっこさん♪
2012/10/12(金) 11:17:52 | URL | 瓜子 #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
サンタ母さん

いま考えてみれば、当初から素人ながらに おかしいなと 思うとこはあったんですよ。
私も若造だったので、それほど強い自信がなかったのです。
でも最終的には 死んでも行かせないと決めました。

母と散歩中に大型犬に噛まれたんですよー
母が相手の家に乗り込んで、治療費負担させました。
またの機会にお披露目します。
2012/10/12(金) 14:17:19 | URL | ともみん #- [ 編集 ]
Re: No title
ピーナッツタフィー さん

今でも白あつの後頭部を見ながら風に吹かれるとあの日を思い出すんですよ。

えー茶あつもすい炎疑惑があったんですか。
腕の悪い獣医ってどこにでもいますね。
金の亡者もいます。

茶色ちゃんとこの先生はすごく良さそうな方ですよね。
動物の気持ちを大切にする獣医さん、素敵です。
2012/10/12(金) 14:28:48 | URL | ともみん #- [ 編集 ]
No title
ひどい獣医さんですね(-_-;)
二週間も入院させておいて、気が付かなかったのかいー!!

あっこちゃんは、けっこう強いタイプだから、耐えられたんだろうね。
ホント、あっこちゃんは丈夫で精神が強いと思いました。
ティさんにもその強さ分けてくだしゃい。

2012/10/12(金) 14:34:29 | URL | ちこティママ #- [ 編集 ]
Re: No title
瓜子さん

ヤブ医者はその後24時間体制の病院に変わり今でも営業してます。
24時間といっても救命なんか出来ませんから、ただのコンビ二獣医ですけどね。

誤診騒動のあと、ちょっと名の知れたN市のN動物病院に長いこと通ったんですけど・・・
あとから分かったんですが、血液検査の数値改ざんして、不要な薬出してたんです。

ネエサン 薄っぺらいから目立たなかった?



> 入院・・わたしも出来るだけさせたくないなーーーー
>
> ヤブ医者にあたって災難でしたね。。元気ならそれでいいじゃん、同感です。そう判断するには勇気がいるかもしれませんが、長年一緒に寄り添ってきた感覚とセカンドオピニオン、わたしは信じたいな。
>
> 最後のお写真、またきなこ先輩をあっこさんと見間違えて、「・・毛が、毛がみっちり生えとる~!!」と驚いちゃいました^^;隣にひっそりといたんだね、あっこさん♪
2012/10/12(金) 14:41:29 | URL | ともみん #- [ 編集 ]
Re: No title
ちこティママさん

体調いかがですか?

ネエサンって繊細なとこもたっくさんあるんですが、どうも能天気なんですよ。
大型犬に噛まれたらトラウマになって散歩に行けなくなる子が多いそうなんですが、包帯がとれたネエサンは率先して毎日お散歩出動してました(笑)

ティちゃんもがんばるんだよ!!(ネエサンより)
2012/10/12(金) 14:48:46 | URL | ともみん #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://acco19931016.blog.fc2.com/tb.php/24-8354490f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック