あっこおばあちゃんの縁側日記 (老犬党 あっこ 政調会長)

19才7ヶ月がんばりました!!後釜 なめこ(猫)が活躍中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ともみん地方 日を追うごとに暑くなってきました。

といっても いいとこ32度です。

物足りなくはありませんが ちょっと中途半端な感じに思います。

体温越えはいまだ経験ありません。

海があるからかな。




ネエサンのシニア期 夏は朝からエアコンを付けて過ごしました。

ネエサンが はーはー したらそれがスイッチオンの合図でした。

はーはー しない日もあったので はーはー してたのを見た!とウソをつき、

エアコンオンにして自分が涼んでいたという…



ネエサン夏の風物詩、ヤギミルクアイスをお口に入れてもらって喜んでいたっけ・・

スイカも大好きだった・・



2年前の夜 スイカを食べ過ぎて 寝小便したネエサン‥。

私のベッドで寝ている頃でした。


部屋にはトイレシートもあり、ときどき夜中にこっそりしっこしていたネエサンだったのに、

この夜はベッドに世界地図。


スイカを食べさせ過ぎたのが原因でネエサンは無罪。

その後 夜のスイカは一口だけになりました。




すいか1

寝小便たれ。

目線の先にはすいか。




すいか2
「よこせーすいか!よこせー!!」






さかのぼること6~7年前 ネエサン12~3才のころ。

このときも数回に渡り おねしょをしました。

思い当たる原因なし・・

なぜなんだ?ととても気になりました。

当時やってたmixi仲間に動物カウンセラーの人がいて聞いてみたところ、


やはり一番はシニアの階段を登り始めたことで、

心身に何らかの変化があったのではないかとのことでした。

これからどんどん加齢していくうえで気を付けることとして、

①今まで通り散歩を続けて 外の空気に触れ 太陽の光りを浴び
 生活にメリハリを付けて脳と体を若々しく保つようにする。

②積極的に話かける。


②はやってなかったから猛反省した。

それどころか、あっこと目を合わせることもあまりしていなかった。

上の空で相手をしていた。

あんなにつぶらな瞳で一生懸命見てくれていたのに あの頃は悪かったね‥


カウンセラーさんのこのアドバイスがきっかけとなり、

放任主義から一転、その後のサポートに繋がりました。

今思えは、ネエサンが寝小便をしてくれてよかった。




しかしその後、本当の意味で変わることができたのは、

あるワンコと飼い主さんの関係性をこの目で見たときかな。

あんたがこの子産んだのか!

ってほどの強い絆がハッキリ見えた。

目から鱗が落ちて メキメキバージョンアップ。

あの夏の日のことはずっと忘れない。





おねしょ話に戻りますが、

ネエサンがもっと若いころ 7~8才時にもありました。

このときは 家の引越しで前の家と仮住まいのアパートを行ったり来たりしていたころ。

アパートで寝て、朝一で前の家へ行き片付け等、夕方またアパートへ・・

なんて生活を始めたころでした。

ネエサンは移動にもれなく付いてきました。



ネエサン夜は母の部屋と私の部屋を渡り歩き寝ていました。

このとき 母の布団で寝小便&寝便・・

私の布団で寝小便&寝便・・

父はびっちり扉を閉めて寝ていたので、被害にあいませんでした。



二箇所の住みかを毎日行ったり来たりさせられて、

ネエサンとしては気持ちが落ち着かなかったというか、

自分の住みかがどこなのか分からない、

そんなところだったのだと思います。



それを証拠に前の家から完全撤退して、仮住まいに一本化された後は、

寝小便&寝便をすることもなくなりました。



新しい家に入るときは、一気に引っ越しましたから、

寝小便&寝便はありませんでした。





寝小便や寝便をするときは、

必ず何か原因があります。


それが加齢の場合、これは致し方ありません。

オムツを装着します。


若い子のおねしょには、些細な何かがあったはずです。

うっかり見逃す小さなことだったかもしれません。


いま要因になることを完全に払拭していれば、

おねしょをすることはないんです。

オムツはイヤイヤ。

暑いもん。蒸れるもん。

信じてあげてね。





スポンサーサイト
コメント

ともみんちゃんが放任主義だったなんて、信じられな~い(*_*)
とってもいい方と巡り合ったんだね!

ネエサンも幸せなシニアライフを送れたし、
後につづくみんなも、とっても勉強になったと
思うよ。。。

>あんたがこの子産んだのか!
なんか、すごいよね!
私も、ちこティのことまだまだ理解してあげられていないかもしんないし
飼い主の修行かんばろ~って思った(*^_^*)

2013/08/09(金) 14:26:53 | URL | ちこティママ #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ちこティママちゃん

ネエサンうち来たとき、兄たちが2ワンニャンいたし、集中して可愛がることもなかったのよ。
だからものすごーく自己アピールする子だった。
あそぼーとかゴハンーとか。

わたしも若かったし、一人っ子のろくでなしだったから、ワンコの気持ちまで考えてなくて、
家族というよりペットっていう感覚だったんだと思う。
これとこれとこれをやればいいんでしょ的な。
心が通ってなかったなーー

恩人であるカウンセラーさんは今どうしてるのかと思うこともあるけど、ミクシーはとっくの昔にやめてしまったから、コンタクトをとる手段なし。
たしか、ビションとプードルのミックスちゃんを飼ってた。

ちこティママちゃんとティちゃんの関係もかなりキョーレツな記憶になったんだよ。
そういう関係を目にして、自分に欠如している点を学んでいたよ。
2013/08/09(金) 19:02:38 | URL | ともみん #- [ 編集 ]

最近こちらのNHKでとんびを放送しているのですが(昔のバージョンではなくて最近の内野さんがやってるやつ)、そこで子供のおねしょは心の涙っていってたのが印象に残ってます。わんこもそうなのかもですね。

物語では内野さんが怒らず一生懸命向き合った結果おねしょも収まるのですがあっちゃんも引越しとかでちょっと不安だったのかもですね。でもちゃんとそれに気づいてあげたのが良かった。あっちゃん20年近くも幸せだったというのは間違いのない事実だもの。
2013/08/09(金) 22:56:12 | URL | スレッチャママ #- [ 編集 ]

なるなるほどほどです。

マーくん姉犬ドナちゃんも、お引越のときと12,3才のとき、お寝ションしちゃいましたです。

お引越のときは、賢くて繊細なドナちゃんなので非日常だったのね。と勝手納得していたのですが、シニアの階段のぼるときもとは・・・、なるほどです。

でもこの件で、いくら元気とはいえシニア犬の飼主ということ、改めて自覚する良いきっかけになりました。

前に、ネエサンの黄金比率の黒飴3つのお目目きれいとコメントしたとき、ともみんさんのお返事に、正直、???と思っていたんです・・・(蒸し返してスミマセン)

やはり、目と目は大切。目と目で通じ合うそういう仲になりたいのなんですね。

どの飼主さんもペットちゃんもそうだと思うのですが、成長段階とともに関係段階のようなものがあると思うんです。

少年団のとき、青年団のとき、壮年団のとき、そして赤子に戻る団のとき。

ネエサンとともみんさん、姉妹ならなおさらです。

私には姉と妹がいてるのですが、幼き頃は一緒一緒だったのに、いつのまにまに、お互いのこと認知しつつも干渉しない、そしてまたいつのまにまに、離れていても一緒という絶大存在なる関係になってきました。

ネエサンまたレインボーブリッヂにて、「な~にともみんちゃん、オセンチなってるのよ。はやくシフォンちゃん、お焼きなさいよ。」って、ちゃ~んとともみんさんの動向をきれいなお目目で見てますよ。
2013/08/10(土) 09:14:48 | URL | マーくん #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
スレッチャママさん

とんび観てました!
あっ、でも最終回を見逃したんだった・・
とんびのあの子も幼少期複雑だったから寂しくておねしょしちゃったのよねー

ネエサンはがさつでデリケートのデの字もない子だと思っていたのだけど、お引越しの一件で、こいつ意外に繊細なのかも・・と思うようになったのよ。
ちなみに柴兄さんはデリケートの塊でした。

(大)のほうは、母が寝返り打って背中で踏んで、朝起きたらたいへんな騒ぎになってました。
私は変な予感がして、現行犯で処理した。
2013/08/10(土) 13:12:29 | URL | ともみん #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
マーくんさん

ドナちゃん、引越し+シニアの階段がちょうど重なってしまったのね。

ネエサンのおめめがキラキラしていることに気付いたのは、お恥ずかしいながら亡くなる直前、寝ずの看病をしていたときです。
虫の息で苦しいはずなのに、おめめキラキラ&クリクリしてました。

あのときもマーくんさんの黒飴コメントを読んで、気になってネエサンの写真をよーく見てみたら、ネエサンのおめめは常にキラキラしたお星様のようでした。

いつもこんなキラッキラおめめで見てくれてたのか・・と失って気付いたことです。

お盆だからシフォンを焼かないとね。
暑いから早朝に焼くべし!

2013/08/10(土) 13:35:22 | URL | ともみん #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://acco19931016.blog.fc2.com/tb.php/107-4d199e85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。